SCANDEX

【コラム】秋の夕暮れに、レ・クリントのあかりを

2021/10/13

  • LINEで友達に送る

街を漂う金木犀の香りや、涼しく心地よい秋風。10月も半ばに入り、やっと秋を感じられるようになりました。日もだんだんと短くなり、夕暮れ時には、なんだか少し寂しいような、そんな風に感じる季節でもありますね。

北欧では、暗くなってきたら、すぐにお部屋を明るくはせず、必要な場所に、必要なだけ、少しずつあかりを点けていきます。
そんな時に活躍するのが、テーブルランプやフロアランプなどのサブ照明。ゆっくりと、自然にお部屋を明るくしていくことは、北欧で有名な『ヒュッゲ』にも繋がっているのかもしれません。







リビングの棚上やサイドテーブルに。
テーブルランプ

リビングの棚上や、サイドテーブルなど、ちょっとしたスペースに置くことができるのがテーブルランプ。コンセントにつなぎ、スイッチをONにするだけなので、気軽に取り入れることができます。

スノードロップ
ムタチオ
 

夕方、サイドテーブルに照明を置いて、コーヒーを飲みながらソファでリラックス。スノードロップのテーブルランプなら、アームが前後に稼働するので、本や雑誌を読むときなど、少し手元を明るくしたい際には引き寄せることができるので便利です。 また、シックでスタイリッシュなムタチオは、お酒を愉しむときに。ダイニングテーブルの上に置いても邪魔にならないスッとしたデザインです。



読書の秋、手元を照らすあかりを。
フロアランプ

照明としてだけなく、インテリアとしても存在感を放ち、お部屋を明るく、そしておしゃれな空間にしてくれるフロアランプ。
ソファの横に置けば、例えば読書をするときや、編み物をするときなど、手元にあかりが欲しいというときには、上からしっかりと照らしてくれます。

スノードロップ
モデル368
 

テーブルランプ同様、アームが前後に稼働するスノードロップのフロアランプです。
アームを動かし、光源を低い位置に持ってくれば、寝転がっても手元をしっかり明るくしてくれます。伝統の直線が美しいクラシックシリーズからは、モデル368。シェードを通して広がるあかりはとても柔らかく、温かい雰囲気にしてくれます。



光の届かない壁際に。
ブラケットランプ

窓から差し込む外からの光。その光がなかなか届かず、暗くなってしまう場所もありますよね。そんなときには、壁に取り付けるブラケットランプがおすすめ。
棚などの上に設置すれば、インテリアを照らすスポットライトにもなります。

モデル306
モデル332 オーク
 

テーブルランプのモデル306は、スタンドを回転させて、ブラケットとしてもご使用いただけます。照らされた真鍮、また壁への反射がとても綺麗で、ついつい見とれてしまいます。
モデル332 オークは、アームを伸び縮みさせられることがポイント。シェードのホワイト×アームの木製がとても柔らかく、秋の夕暮れにはぴったりの、温かみのあるデザインです。


薄暗い夕暮れ時、ひとつあかりを足すことで、心もお部屋も癒しの空間へ。
この秋、少し寂しげなお部屋に、レ・クリントの優しいあかりを灯してみませんか?


レ・クリント商品一覧はこちら


  • LINEで友達に送る

COLUMN

コラムデータがありません。

PAGE TOP